天体観測を楽しむ♪天体ショーのカレンダーをチェックしました

天体観測って、いつ頃どういう天体ショーが観れるのか
ちゃんと調べてからしないと、空振りしてしまうこともあったりします。

有名な流星群などは、ニュースでも取り上げることも多いので
大体のことは分かるのですが、それ以外にも色々な天体ショーが
観れたりします。

そこで、いつ、どんな天体ショーが観れるのかを月別に纏めてみましたので
天体観測をする時の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサードリンク

1月はしぶんぎ座流星群のピークがきます♪他の天体ショーは?

毎年1月には、3大流星群のひとつの〝しぶんぎ座流星群〟のピークが
きます♪

しぶんぎ座流星群って?

しぶんぎ座流星群とは、毎年1月1日頃から1月5日頃に出現が見られる流星群で、
1月4日頃がピークになります。

冬休み中に見られる流星群なので、条件が良ければそれなりの数の流星の観測が
期待できる流星群です。

しぶんぎ座流星群以外の流星群はある?

しぶんぎ座流星群ほどの流星は期待できないのですが、他にも幾つか流星群はあります。でも、日本からは見れないものとかもありますし、ピーク時でも1時間に2つ3つくらいの規模なので、観測にはどうかなあって気もします。

半影月食もあります

1月には、半影月食という月食がおこります。
よくいう月食ほどには〝欠けた〟という現象は見にくいそうです。

2020年1月の天体ショーについては、こちらの記事で▼
しぶんぎ座流星群に半影月食も♪1月の天体ショーをチェック

4月こと座流星群がピークです。4月の天体ショー

4月には久し振りに流星群の観測のチャンスがきます。
4月こと座流星群です。

4月こと座流星群って?

1月のしぶんぎ座流星群以来になる、主要な流星群で毎年4月中旬から下旬にかけて
見られます。

2020年は4月22日にピークを迎えます。

4月こと座流星群やその他の天体ショーについては、こちらで▼
こと座流星群やその他の天体ショー、4月の夜空は何が観測できる?

みずがめ座η(エータ)流星群がピーク。5月の天体ショーは?

5月初めにはみずがめ座η(エータ)流星群のピークがきます。

5月に観れる流星群は何がある?

2020年は5月5日、6日の未明の観測が、1番お薦めの時間帯になります。日本では流星の数は、それ程多くないのですが、南半球ではそれなりの出現が期待できる
流星群です。

他にやぎ座ω(オメガ)流星群、さそり座α流星群などがあるのですが
ピーク時の流星の出現数も数個程度なので、観測はどうかなあという感じです。

他に、昼間に流れる流星群も幾つかあります。

流星群以外の天体ショーは何がある?

流星群以外の主な天体ショーですが、水星の外合、土星や金星、木星の留などが
あります。

5月の天体ショーについてはこちらの記事でも書いています▼
みずがめ座η(エータ)流星群やその他の5月の流星群と天体ショーは?

スポンサードリンク

6月の天体ショーは何がある? 流星群は観れる?


▲中村昌寛さんによる写真ACからの写真
6月には主だった流星群のピークはありませんよね。

半影月食があります

6月には、また半影月食がみれます。

部分日食も観測できます

6月は、半影月食の他に部分日食もあります。
西日本ほど日食の〝食〟の部分が大きく欠けます。

日本では梅雨の時期なので、お天気に恵まれるといいのですが……

日食やその他の天体ショーの詳細はこちらの記事で▼
6月うしかい座流星群、6月の天体ショーは何がある?

流星群が活発化♪7月の天体ショーは何が観れる?

7月~8月にかけて色んな流星群のピークがきますね♪
7月に最も期待できる流星群は、みずがめ座δ(デルタ)流星群です。
2020年は観測条件もまあまあ良いので、あとはお天気次第というところです。

7月の主な流星群は?

7月にピークを迎える流星群で、観測できる期待が大なのが
みずがめ座δ(デルタ)流星群とやぎ座α流星群になります。

まあ、期待できるといっても何十個も観れる…という程の規模ではないのですが…

ただ、ピークの頃は夏休みも始まっている頃ですし、お子さまとちょっと夜更かしして流星群の観測をしてみるのもいいですね。

流星群以外の7月の天体ショーは?

2020年の7月は、各惑星の『留』や『衝』といった地味めなものしか無さそうです。

2020年7月の天体ショーの詳細はこちらで▼
みずがめ座δ(デルタ)流星群も。2020年7月の天体ショーは?

ペルセウス座流星群がピーク!8月の天体ショーは何が観れる?

毎年お盆の頃に、ペルセウス座流星群がピークを迎えます。
時期的にも、夏休みということもあって観測し易い流星群だと思います。
流星の数も、それなりの数が期待できる流星群なので、あとはピークの頃のお天気次第ですね。

8月にピークを迎える流星群は?

8月に極大を迎える流星群といえば、先述のペルセウス座流星群ですが実は
他にも幾つかあるんです。

でも、正直、ペルセウス座流星群ほどには流星の数も期待できないものなんですよね。

ですので、観測はペルセウス座流星群のついで、くらいにしておいてもいいかな、と
個人的に思ってます。

2020年8月の、その他の天体ショーは?

8月の、流星群以外の天体ショーですが、各惑星の『留』などがあります。
が、それだけ~って感じかな。

2020年8月の天体ショーは、ペルセウス座流星群くらいでしょうか。なので、天体観測はこれに絞っていいかなと、個人的には思っています。

2020年8月の天体ショーについてはこちらで▼
8月の天体ショー。ペルセウス座流星群がきますね♪

オリオン座流星群が極大。10月の天体ショーは何がある?

10月は流星群のピークや中秋の名月など、中々華やかな天体ショーが観測できます。

オリオン座流星群が極大を迎えます

10月に極大を迎える流星群といえば、このオリオン座流星群ですね。
2020年は、ピーク時が昼間になるのが残念なのですが月明かりの邪魔もそんなにないので、観測自体はまあまあ良い条件になっています。

他にも流星群が観れる?

オリオン座流星群以外で、観測の期待大なのが10月りゅう座流星群。
こちらはピークになる時間帯が夜間なのですが、月明かりがまだ明るい時期なのが残念なところ。

他にも幾つか流星群があるようですが、ピーク時でも流星の数はかなり少ないので、お天気だったら観測しようかなあ的な感じでいいかなと思います。

中秋の名月も10月です

2020年の中秋の名月は、10月になります。
更に、末には最小の満月にもなりますしブルームーンでもあります。

2020年10月は月に関する天体ショーが重なりますので、是非お月さまも見上げてみてくださいね。

火星の接近など

火星の接近も10月が最大になります。
他にも火星や水星の『留』や『衝』などがあります。

このように、10月の夜空は色んな天体ショーがありますので、お天気がよかったら天体観測にはかなり向いています。

10月の天体ショーの詳細はこちらで▼
オリオン座流星群がピーク!中秋の名月も。10月の天体ショーは?

12月の天体ショー。ふたご座流星群がピーク!他には?


▲ありさんによるイラストACからのイラスト

12月には、3大流星群のひとつ ふたご座流星群 が、ピークを迎えます。
他にはこぐま座流星群も、流星の観測が期待できます。

ふたご座流星群のピークは?

条件が良ければ、ピーク時には45個前後の流れ星が観れる予想になっています。
ピークは2020年は12月14日です。

こぐま座流星群は、ピークは12月23日。月齢も8と、月明かりも左程問題ではないので観測条件は〝良〟です。

ほうおう座流星群って?

近年発見された流星群で、その時はかなりの数の流星を観ることができたそうです。
でも、発見された年だけしか観れず、その後2014年にほうおう座流星群のものらしい流星が観測されたとか。

中々観る事ができない流星群なので、2020年は観れるかどうか……ですね。

その他の天体ショーは?

流星群以外の天体ショー、実は2020年の12月には殆どないんですね。
惑星の『合』などの現象も、水星の『外合』しかありません。

皆既日食が12月にあるのですが、今回は残念ながら日本からは全然観れないです。
なので、流星群のピークに期待、というところですね。

▼12月の天体ショーの詳細はこちらで
ふたご座流星群がピーク!12月の天体ショーは他に何が観れる?

まとめ

2020年も流星群や日食などの天体ショーが幾つかありますので、
観測条件が合えば、天体観測を是非してみてください。

スポンサードリンク