こと座流星群やその他の天体ショー、2019年4月は何が観測できる?

わたしは、星空を観るのも好きです。

晴れた日の夜には、結構空を眺めたりしてます。が、うち、街灯とか、星をみるには邪魔なものがあってあんまり観れないのが、すっげえ不満(苦笑)。

なので、いつかきれいな星空を観れる所で、流星群を見てみたいなあと思っています。

で。4月にはどんな天体ショーが観測できるのかというと…

スポンサードリンク

こと座流星群が観測できます

天体ショーのニュースを知ると、結構チェックしてます。日食とか月食とか流星群とか。あ、あと人工衛星も時々観れるそうですね。この辺もチェックしたりしてます。

特に流星群は、1年の内に何回もきますよね。その時々の条件によって観測に向いていたり、ちょっと残念なかんじだったり…は、ありますが。

1月の頭にしぶんぎ座流星群というのがあるのですが、その後は4月くらいまでは目立った流星群はないんですね。次に観測が期待出来るのは「4月こと座流星群」があります。

こと座は21時ごろには東の空に姿を見せますが、2019年は月明かりであまり観れなさそう。

2019年は、極大は4月23日の午前9時頃と、明るい時間帯。しかも月齢17の月があり、極大日の前後は月明かりもあり、観測には不向きっぽいです。残念~。

極大というのは、流星が1番活発に出現する頃のことなのですが、これが深夜の2時とか3時だったりすると、中々起きていられなかったりで挫折するのですが、今回は午前9時ごろ……(TT) 観測するなら、4月22日から23日の夜間がおススメです。

季節的にも、冬場の流星群よりは寒さも和らいでいる頃だし、そういう面でも観測がしやすくなっているかな。とはいえ、夜は寒かったりするので、防寒対策はちゃんとしておいた方がいいですよね。

また、こと座流星群は速く明るい痕を残す流星が比較的多いそうで、見つけやすいかも、です。

スポンサードリンク

ということで、ちょっと期待のこと座流星群です。(でも今年は無理っぽいなあ)

こと座流星群は、『C/1861 G1 Thatcher彗星』という彗星を母天体にした流星群ですが、母天体には何も関係なく突発する癖があるんだそう。2019年に関してもこの突発性の出現はないのでは、ということですが油断は禁物だそうです。

もしかしたら、ひゅんひゅんと流れる星を観ることが出来る…かも、です。

流星群の名前の由来って?

ところで。
流星群には星座の名前が付いていますが、これって各流星群の放射点がある場所にある星座の名前なんですね。

放射点とは、その流星群の流れ星が出てくるポイントっていうのかな、そういう場所のことを指すのですが、そのポイントが何の星座上にあるかで名称がつけられています。

こと座流星群は、こと座の中に放射点があるので〝こと座流星群〟というんですね。

だったら、こと座のある方向だけ観ていればいいのかというと…そうでもなく。流星群の流れ星って、結構あちこちで流れます。

なので、流星群の観測は全天を見渡すようにと、アドバイスされてます。1番いいのは寝っ転がって夜空を眺めることなんですが、場所によってはそれはちょっと出来ないなあ、ということもありますよね。

観る方向を変えながら、隈なく夜空を見渡す。こうしつつ流れ星をみるのがベターかなあ。でも、結構首が痛くなったり、疲れてきたり……

今の時期はまだそれ程ではないけど、これが夏場になってくると蚊とかの虫さされ対策も必要になってきます。夜中にじーっと空を観てるのだから虫からしたら格好のターゲットとみえてしまうことでしょうし(苦笑)

流星群の観測って、中々根性いります(苦笑)。けど、そんな苦労をしてもみる価値はあると思っているんですよねえ。実際、幾つも流れ星をみると、凄く嬉しくなってしまいます。

1月のしぶんぎ座流星群は天候に恵まれなかったので、これから先の流星群に期待したいものです♪

流星群以外の天体ショーはというと……
11日に木星が留、23日は天王星が合、30日は土星が留といった天体ショーがあるのですが、地味ですね(苦笑)

スポンサードリンク