6月うしかい座流星群、6月の天体ショーは何がある?

宇宙や天体観測のこと

毎月何がしかの天体ショーはあるのですが、2020年の6月にはちょっとした天体ショーがあります。

 

また、
流星群は6月うしかい座流星群が極大を迎えますが、今年の観測条件はどうなっているのでしょう…

 

スポンサードリンク

2020年6月の主な天体ショー

2020年6月には、半影月食と部分日食の観測のチャンスがあります。

 

半影月食は6月6日です。食が最大になるのが、東京で4時25分くらい。日の出の時刻と重なることもあって、月食を観るのは難しいかも知れません。

 

部分日食は6月21日の夏至の日に起こります。
夕方の16時~18時ころにかけて、食が起こります。西日本に行くほど食が大きくなります。アフリカや北インドなどでは金環日食になります。

 

その他の、2019年6月の主な天体ショーでは

4日 金星が内合
18日 水星が留
24日 海王星が留 
25日 金星が留

と、ぱっと夜空をみてもよく分からない地味な天体ショーもちゃんと起きてます。(苦笑)

 

とは、太陽の反対側で 太陽ー地球ー外惑星と並ぶ時のことをいいます。
距離的に地球に最も接近します。この時は、ほぼ一晩中観測することができるので、もっとも観望に適した時期です。

 

反対に離れる時は『』といいます。外惑星とは、太陽を中心に、地球より外側の軌道を回っている惑星のことを指します。火星、木星、土星、天王星、海王星のことですね。水星、金星は内惑星といいます。

 

』とは何かといいますと…地球や他の惑星は太陽の周りをまわっていますが、地球から他の惑星を観た時に、天球上を順行したり逆行しているように見えています。その順行から逆行、或いはその逆に移る時は、惑星が天球上に静止しているように見えるのだそう。その、静止しているように見えている状態の事を『留』といいます。

 

6月は梅雨に入る時期でもあるので、天体ショーが見れるかどうかも微妙なシーズンです。6月は、夜空を眺めるのはどっちかというと小休止なひと月ですねえ。

6月の流星群

でも、それだけじゃ寂しいので6月に活動が活発になる流星群がないのか調べてみましたら、幾つか見つけることはできました。

スポンサードリンク

 

・おひつじ座流星群
5月下旬から7月のあたまにかけて活動。実はかなり大きな流星群ということですが、全然話題にならないので今まで知りませんでした。

 

何故、話題にならないのかというと、活動の時間が昼間だから、だとか。こういう、昼間に流れる流星群を昼間流星群といいます。この名称も、今回調べていて初めて知りました。

 

まあ、昼間でも流れ星は流れているんでしょうけど。
直接目で見れないのって、残念ですね。

 

極大は6月7日ごろですが、この日の前後に夜に観測すると、流れ星を見れたりするのでしょうか? お天気が良ければ、ちょっと夜(というより明け方の方がいいのかな)に空を眺めてみようかなと思っています。

 

・いて座流星群
こちらも6月のあたまから中旬にかけて。ただ、この流星群は名前は出てくるのですが、それ以外の情報がネットでも全然出てなくて、謎の流星群です。

 

・くじら座ο昼間流星群
5月の中旬から6月の初旬にかけて。こちらも昼間流星群です。
活動期間や極大日も不明慮らしく、詳しい情報が出ていませんでした。

 

・6月うしかい座流星群
6月末から7月あたまにかけて。ポン・ウィンネッケ流星群ともいいます。
何か、謎の流星群っぽい(笑)年によって活動が観れたりなかったりするのだそう。

 

活動もなくすぎていたのが1998年に突然復活したそうで、次にみれたのが2004年。6年ごとに活動をチェックできる流星群という記事もあって、それだと、2016年。次は2022年ごろに活動が観れる…かも知れない流星群です。

 

まあ、思い出したら観測してみようかなあ(笑) 2020年は、極大は6月27日の13時になっていました。極大の時間が真昼間なので、観測は27日の夜明け前くらいがベストでしょうか。

 

他に、みずがめ座τ流星群へびつかい座θ流星群というのがあったのですが、こちらも詳細は分かりませんでした。どちらも6月末に極大期がきていました。

まとめ

でも、流星群自体はあるんだなあ、というのは分かりました。
なので、天気が良ければ夜空を観るのは良いかもしれません。
運が良ければ流れ星が見れるかも、です。

 

ただ、メジャーな流星群のようにいっぱい流れる可能性は低いみたいです。観るとなると、気長に根気よく観測する必要はありそうですね(苦笑)

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました