しぶんぎ座流星群に皆既月食も♪2018年1月の天体ショーをチェック

振り返ると、2017年後半は流星群観測は全然ついてませんでした(TT)

12月のふたご座流星群は観れるといいなあ…と思いつつ2018年1月の天体ショーをチェックしてみました。

1月の夜空は、中々華やかなんです。
なので、お天気に恵まれて欲しいなあ、というところです。

スポンサードリンク

しぶんぎ座流星群がピークを迎えます♪

3大流星群のひとつ、しぶんぎ座流星群が極大を迎えます。
ZHRも120と、条件が良ければかなり期待ができる流星群…なのですが極大の日は残念ながらほぼひと晩中月明かりが出ちゃうんだそう。

ピークは明け方の5時くらい
日本ではまだ暗い時間帯(ぎりぎり、かなあ)でもあるので、お天気がよければちょっと早起きして、空を眺めるのはいいかもです。

しぶんぎ座流星群自体は、年末辺りから1月中旬くらいまで出現しているそうですが、観測に適しているのはやっぱりピーク時の頃。

1月4日の深夜から明け方までは観測には1番好条件で、2番目が3日の深夜から明け方までになります。

時期的にも時間的にもかなり冷え込む頃です。外に出る時は防寒対策は万全にしてくださいね。わたしは、この時期はスキーにでも行くの…みたいな格好で外に出てます(笑)

皆既月食とブルームーン。2018年1月は月にも注目です♪

2018年1月は、月も色々とショーを魅せてくれます。
まずは2日の満月。この日はスーパームーンです。普段よりお月さまが大きく観えます。

そして、1月は月末にもう1度満月が観れるというレアな月なんです。しかも、この時は皆既月食も起きますので、是非観測したいものですね。お天気が良いといいのですが。

2018年1月の皆既月食はほぼ日本全国で観測できます。
夜8時40分過ぎから食が始まり、食の最大は22時30分頃。食の終わりは日付けが変わった12分ころになります。

ブルームーンって?

2018年の1月みたいに、ひと月の間に満月を2回観れる月のことをブルームーンというのだそう。

決して青い月が観れる…ということじゃないんですね(笑)なのに何故〝ブルー〟ムーンというのか…
2回観れるということでダブルムーンが詰まってブルムーン…ブルームーンになったとか(ダジャレ?(苦笑))なんとか…(出所は不明だそうですが)

大気の状態によって、本当に極々稀に青い月が観れることもあるそうですが2018年の1月はダブルムーンの方のブルームーンです。

でも、初めの満月はスーパームーンで、2度目の満月は皆既月食という稀な満月が重なることには違いありませんね♪

滅多にないお月さまの天体ショーを楽しみたいものです。お天気になって欲しいなあ。


スポンサードリンク

その他の流星群や天体ショーは?

1月にピークがくる流星群は

ほ座γ流星群
みなみじゅうじ座α流星群
かに座δ流星群
かに座κ流星群
うみへび座α流星群
りゅうこつ座η流星群
りゅうこつ座α流星群

などがあるのですが、日本では観られないものもあります。
何とか期待できるのは かに座κ流星群で、1月10日AM6時が極大になります。ぎりぎり日の出前な時間帯ですねえ。ただ、突発的なものらしいので出現するかどうかは?です。

しぶんぎ座流星群以降は、しばらく活発な流星群はありません。次は4月末のこと座流星群になります。

他には

3日 天王星が『留』
9日 金星が『外合』、冥王星が『合』

などがあります。

まとめ

2018年1月は、しぶんぎ座流星群のピークやスーパームーン、皆既月食と、華やかな夜空を楽しむことが出来そうです。

お天気が良ければ、寒いですけど夜空を眺めるといいでしょう。

月食の頃は時期的にもかなり寒い頃なので、防寒には十分注意して天体観測をしてくださいね。

スポンサードリンク