剣道世界選手権2018で安藤翔選手が個人戦制覇。団体戦も♪

韓国の仁川(インチョン)で9月14日~16日まで開催されてました
第17回剣道世界選手権で、安藤翔選手(北海道警察)が個人戦初優勝、
団体戦でも優勝という好成績を収めましたO(≧▽≦)O

なのに。
地元の北海道でも、全然……(–;
地元紙でも、スポーツ欄の隅っこにちょこっと記載があるだけで…
しかも、共同の記事のコピー……(TT)

北海道が大変だった頃の選手でもあったし、折角北海道警察のお廻りさんが
世界選手権で優勝したんだからここはやっぱりもっと
取り上げて欲しかったなー、と思ったですよお。

なので。
安藤さん押しのあたくしが勝手にここで盛り上がっちゃおうという
記事でございます。

ですので、剣道にご興味のない方はスルーしちゃってくださいまし。

スポンサードリンク

17WKC男子個人戦、優勝♪

先ずは9月14日に行われた、男子個人戦。
出場する選手、まあ、ここは安定の決勝トーナメントには皆さん
進んでいくだろうとは思ってました。

が。
安藤翔選手が、まさか決勝戦まで勝ち進んでいたとはちょっと思ってなかったー(汗)。
途中、ごはんの支度とかちょこちょこしていて、時間が空いたらネット中継観て…
だったので。

決勝の相手は……韓国のJ・JO選手。やっぱり韓国勢きたかーって感じでしたね。

男子個人戦 決勝戦

安藤さん、やっぱり強いわ~~♪
と、思ってみてましたがJ・JO選手も強い! これは……と
どきどきしながら観てましたら、安藤さん2本先取。

やたー!
優勝だー!!!

ということで、世界選手権初日の結果にPCの前で
思わずガッツポーズしたあたしでした。

ただね。
鍔迫り合いが多かったかなー。

JO選手もぴたっと張り付いてくるし、あれ、迂闊に離れたらその時に
攻められるのでタイミングを取りながら離れつつ、攻撃しないと
いけなかったようで、やりにくそうな感じはしましたね。
(などと、偉そうにゆってみる(苦笑))


スポンサードリンク

男子団体戦

こちらも予選は、日本圧勝でしたが
流石に決勝トーナメントでは、圧勝とはいえない展開もありました~。

そして決勝戦はこちらも予想通りに韓国チームと。
やー、これは荒れるわねえ…と思っちゃいましたが案の定でした。

韓国チームにしても、韓国での開催で個人戦は優勝が日本、準優勝が韓国という
結果だったし、何としても優勝を!という気持ちでしたでしょう。

日本としても、剣道で他国に負ける訳にはいかない、という気持ちだったと
思うし。お互いのそういう気持ちが表れた剣道だった、と観ていて思いました。

安藤翔選手が大将?!

安藤翔選手が大将やん!!
決勝戦のオーダー、これが1番びっくりした。

先鋒 前田選手
次鋒 星子選手
中堅 竹ノ内選手
副将 西村選手
大将 安藤選手
▲決勝戦のオーダー

安藤さん、確かに強いけど……でも、ここで大将にもってくるかー!
って思ったです。

しかも、韓国チームの大将、J・JO選手だし。
副将戦までの結果も2-1で、安藤選手が勝ちか引き分けだと日本が
優勝決まるけど、万が一ということもあり得るし…

安藤さんに圧し掛かってた重圧、半端なかっただろうなあ。(と、勝手に想像してみる。)
会場は完全アウェイだったし。

そのせいでしょうか。
団体の決勝戦の安藤さんの試合運びは、いつもの安藤さんっぽくなかったなという
印象を受けました(←また偉そうにゆうあたし)

でも、あの大将戦だとそういう風になってしまっても仕方なかったのかな、
とも思いましたけどね。

この先は、国体や警察大会、そして何といっても全日本選手権と
国内の試合も続きますし、こちらでは是非本来の安藤さんらしい剣道を
魅せてくれると期待v

まとめ

ということで、
第17回剣道世界選手権での、個人的な安藤翔選手をよいしょした
記事でした。最後までお読み下さった方、こんなとりとめのないお喋りに
お付き合いくださいまして、ありがとうございました。

でも。
同じ世界選手権なのに、柔道の方はTVでも放送してるし地元紙も
試合結果にかなりスペースを割いてて、ちょっとなーって思ってしまいました(苦笑)

そりゃ、柔道はオリンピックの正式種目だし人気もあるのかも知れない。
でも、はじめの方にも書きましたけど北海道の選手が世界選手権で優勝したのだし
もちょっと報道してもいいんじゃね? って思ったわ~。

そして。
安藤選手、今年こそは全日本選手権でも優勝して欲しいものです。

スポンサードリンク