西村英久選手が連覇!第66回剣道全日本選手権大会の結果など

第66回剣道全日本選手権大会
西村英久選手の優勝で終わりましたね~。

大会史上3人目の連覇達成ということで、凄いなあと思いました。

そんな第66回大会をわたしなりに振り返ってみましたので、よかったらお付き合いくださいませ。

スポンサードリンク

第66回大会、安藤翔選手の結果は?

先ずは、個人的に贔屓してます(笑)北海道代表の安藤選手のことを。

安藤翔選手、第66回大会の結果は 第3位 でした。

準決勝で西村選手と当たって、コテ2本取られて負けちゃいましたね。

いや~、残念でした。

準々決勝で、神奈川の勝見選手との対戦は凄い良かったし、2本取った時は思わずPCの前で拍手しちゃいましたわ。

この勢いで、対西村選手戦もいけるんじゃあ…って思ったんですけどねえ。
西村選手、強かった。

試合開始すぐの面、惜しかったなーって思ったけどその後も安藤さん攻めてましたし、いけるかな…とも思ったのですが……

西村選手の方が一枚上手、って感じで……
コテを2本決められてしまいました(TT)
次大会では、今度こそ優勝して欲しいな、と思ってます。

松﨑賢士郎選手の結果は?

第66回大会で気になっていた選手、茨城代表の
松﨑賢士郎選手

筑波大の2年生で、今大会唯一の三段の剣士ということで応援してました。

で、結果ですが初戦の練士六段の山名良昌選手、2回戦目の相手四段の濵﨑翔大選手を破り、3回戦まで進んでました。

けど、3回戦の相手が四段の前田康喜選手。前田選手は9月の世界選手権のメンバーで団体戦にも出場した実力者。残念ながら前田選手に負けてました。

でも、善戦されたと思います。
来年の大会にも是非出場して欲しいですね。


スポンサードリンク

まとめ

第66回大会、熊本の西村選手の優勝で終わりましたがどの試合も見応えのある、いい試合ばかりだったと思います。

安藤翔選手が優勝を逃したことはちょっと残念でしたが、是非来年リベンジを果たして欲しいところです。

第66回剣道全日本選手権の結果は

優勝  西村英久(熊本)

準優勝 内村良一(東京)

第三位 安藤翔(北海道)、竹下洋平(大分)
(※敬称略)

でした。
そして、いつも思うのは……

審判、すげえ! です。

わたしなんか、スロー再生でみてやっとあ、コテ入ってるんだあって分かるくらいなんですもん。

全日本出場選手レベルの選手の1本、分かんねー(苦笑 ←つか、駄目でしょ、それ)

スポンサードリンク