剣道世界選手権の日本代表が決定。誰が選ばれた?個人戦に出るのは?

9月に開催される第17回剣道世界選手権。

6月18日に、全日本剣道連盟の公式サイトで
日本代表選手が発表されました。

今回選ばれた選手は誰なのか、早速チェックしました♪

スポンサードリンク

17回剣道世界選手権、日本代表選手が決定

思ってたより早く発表がありました。気になってたので
早く分かるのって嬉しいですけどね。

発表は6月18日の午後にあったそうで、男女の選手
それぞれ10名づつが選ばれたそうです。

剣道世界選手権、日本代表は誰が選ばれた?

日本代表選手、男女とも約半分の選手は今回初めて世界選手権に出場するのだそうです。

まずは、男子の代表から。

大城戸 知 錬士六段(大阪府警察)

勝見洋介 錬士六段(神奈川県警察)

西村英久 五段(熊本県警察)

竹下洋平 五段(大分県警察)

安藤 翔 五段(北海道警察)

土谷有輝 五段(大阪府警察)

前田康喜 四段(大阪府警察)

竹ノ内佑也 五段(警視庁)

林田匡平 五段 教員(福井県立武道館)

星子啓太 三段 大学生(筑波大学2年)

女子の代表は

山本真理子 六段(大阪府警察)

藤本 美(めい) 五段 教員(府立久御山高校)

松本弥月 五段(神奈川県警察)

渡邊タイ 五段(熊本県警察)

高橋萌子 四段(神奈川県警察)

冨永比奈野 四段 非常勤職員(鹿屋体育大学)

松本智香 四段(鹿屋体育大学4年)  

竹中美帆 四段(筑波大学3年)  

小松加奈 三段(明治大学2年)

妹尾舞香 三段(中村学園女子高校3年)
(※順不同・敬称略)

男性は、圧倒的に警察官が多いし5段以上の方が殆どですね。
女性は職業はばらばらで、段位も結構幅があるように感じました。

そして。
個人的に北海道警察の安藤翔選手の代表入りは、思わずガッツポーズですv (試合中に1本取れたからとガッツポーズするのはNGですよ~)

ただ、同じく道警の吉田佳世選手は今回は代表入りされなかったのが
ちょっと残念かなあ。でも、きっと全日本の北海道代表になるのでは…と、
個人的に予想してます。


スポンサードリンク

日本代表で個人戦に出場するのはどの選手?

世界選手権大会は、個人戦と団体戦で試合をします。
団体戦は5人でチームを組みますが、それはまだ全剣連の公式サイトには
出ていませんでした。

個人戦に出るのは、男女各4名で、

勝見洋介選手
西村英久選手
安藤 翔選手
竹ノ内佑也選手

山本真理子選手
藤本 美選手
松本弥月選手
妹尾舞香選手

の8名です。
凄いなと思ったのは妹尾舞香選手。唯一高校生で代表入りしてて、個人戦出場も
選ばれてますし。大会での活躍、今から期待しちゃいます♪

まとめ

ということで、第17回剣道世界選手権の日本代表メンバーを
チェックしました。

選ばれた選手、どの方も凄い方ばかりなので大会も
きっと良い結果が出るだろうと期待してます。

スポンサードリンク