煉獄さん!よもやよもやの鬼滅の刃劇場版・無限列車編の感想の壱♪

rengokusan アニメ

鬼滅の刃劇場版・無限列車編のTV放送、しっかり視聴(笑)

ということで、またまた
今更な鬼滅の刃感想でございます。

あれこれとっ散らかして書いていくのも何なので、先ずは炎柱・煉獄杏寿郎メインの感想から♪

今回もよかったらお付き合いくださいませm(__)m

スポンサードリンク

煉獄さん!よもやよもやの…

そもそも〝無限列車〟って何か比喩的な名称かと思っていましたが、ずばりだったんですねえ…

しかも、前振りがなくていきなり炭治郎たちは鬼狩りのために無限列車に乗り込んでるし、煉獄さんはすでにお弁当満喫してるし(笑)

これまでの、(大雑把でも)あらすじみたいな部分が殆ど無かったので、鬼滅の刃を、この映画で初めて観た(これまでの話しは全然触れてない)という方には、面食らうような始まり方だったのかなあ…なんて思いました。

無限列車での鬼狩りにしても、すでに被害が出ているような描写だったし。
わたしも、鬼滅の刃は最近見始めた派なので、そこに至る事情については正直『?』だったかな。

煉獄さんのこと

炎柱の煉獄杏寿郎は、柱合議編から出ているのですよね?(その辺まだちゃんと情報チェックしていないので)柱合議編は見れなかったので、今回の無限列車編が個人的に煉獄さんとは初対面です。

事前情報で、兎に角強い人というのは知っていましたが……
あのお顔で一心不乱にお弁当を「美味い!」と言いながら食べ続けるのには、正直……

煉獄さんも鬼滅のキャラなんだ~~と、思ってしまった(汗)
よもやよもやの、クセ強キャラやん!

というのが、煉獄さんの第一印象でした。

炭治郎、伊之助は(一応)名前を読んでますが、我妻善逸に至っては『黄色い少年』だもんなあ(笑)でも、かといって性格悪いとか全然ないし(寧ろ好青年)後輩の面倒見はいいし。
煉獄さん、すんげえいい人

それなのに。
よもやよもやの、無限列車編での退場

スポンサードリンク

ちょ、
こんな良いキャラなのに、退場するの早すぎるのでは!!
というのが、無限列車編の第一の感想でした。

原作のまんがを読んでいる方は既に知ってたのでしょうが、最近アニメを観だしたばかりの身なのでこの展開はかなり衝撃でした!

しかも、本来のターゲットとの戦いじゃなくて、何か急に割り込んできた上限の参・猗窩座にやられるんだもの……

やっとで魘夢を倒して…のタイミング、煉獄さんだってそれなりに消耗してた筈。なのに、猗窩座と戦う羽目になるなんて……

そうじゃなかったら、煉獄さん負けてないよね。実際あとちょっとで猗窩座に勝てそうだったんだし。

でも。
煉獄さんと猗窩座との戦いのシーンは凄い迫力でした。柱ってここまで強くないとなれないんだ、と思いました。炭治郎も伊之助も善逸もまだまだ全然力不足やん。

こんなに強い煉獄さんだもの、猗窩座にだって勝利するんだよね…と必死になってTVの画面を凝視してましたよ、この辺のシーン(笑)

特に、奥義玖ノ型・煉獄のシーンはTVの前で正座して見入ってました。それくらい迫力あって、プラスとてもきれいで。

返す返すも、ここで退場だなんて(TT)
煉獄杏寿郎はもっともっと作中での活躍を見たかったキャラでした。

煉獄家の事情とか…

煉獄家についても、描写されてましたね。
杏寿郎と弟の千寿郎、父母の4人家族。

父も元は鬼殺隊の炎柱を務めた人物だったのが、何かあったのか引退して今風にいうと引き籠りみたいになっちゃってて……

父ちゃんに何があったんだろう…と、そのことが気になりました。
検索してみると、妻に先立たれて気力を無くして…云々とありましたが、柱を務める程のお方でしょ?
ちょっと納得いかないなあ。

それ以前に、父と息子ズが同じだおお~髪の色とか顔とか……
あまりにもそっくりで、ちょっと笑えたで(これも何かちゃんとした理由があるようで…)

この辺って、魘夢の血鬼術で眠らされている時にみている夢なんですよね。炭治郎は幸せな夢を見ていたのに、煉獄さんは夢の中でも、何だか辛そうだったけど……

まあでも、お母ちゃんもちゃんと居るし弟君も良い子だし、で父ちゃんはああだけどそれなりに幸せな時間ではあったのかなあ。などと解釈してみてました。

スポンサードリンク

よもやよもや…とは?

「よもやよもやだ。柱として不甲斐なし!穴があったら入りたい!!」
煉獄杏寿郎の名セリフ…というか名シーンのひとつですね、ここも♪

その〝よもやよもや…〟ですが、意味としては【まさか】って感じになりますね。
場面としても、魘夢の術に嵌って眠らされている間にとんでもないことになってしまい、柱としてどーよ…と
悔いているシーンなので『よもや』と言っているの、確かにそうだよねえ、と思えます。

けど。
あの表情で言われると、反省というより悪化してしまった状況すら、楽しんでいるようにも見えてしまったです。

まとめ

ということで
鬼滅の刃劇場版・無限列車編の感想その壱、煉獄杏寿郎に注目して書いてみました。

炎柱で、主要キャラのひとり(と思ってましたが合ってますよね?)なのに、無限列車編で早々に退場とは!

正に「よもやよもや」でした(TT)

柱合議編をすっ飛ばしてしまったので、煉獄さんとは劇場版が初対面。
ああ、鬼滅の刃の登場人物だなあと思わせるクセ強なキャラ(^^;

でも、凄く強いし面倒見のいい、好青年なところは本当好感が持てました。
ここで退場なのがめっちゃ惜しいです。

あと。
何であのタイミングで無限列車には直接関係ないだろう猗窩座が割り込んできたのかは、映画みてる限りでは
分かりませんでした。

何か、そこに行かなくてはいけない理由でもあったのかしらん。
魘夢の助っ人?でも、鬼同士が助け合うのも何だかぴんとこないし。(利害関係が一致した場合はともかくとして)

この辺の猗窩座の事情も知りたいかも。
単に通りすがりにみてたら、煉獄さんという強そうな鬼殺隊の隊士がいてやりあってみたくなった…とか?

或いは、無惨に何か指示されてたとか?
どうなんでしょうか。

【余談】
猗窩座、何て読むのか分からなかった(苦笑)

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました