ふたご座流星群がピーク!12月の天体ショーは他に何が観れる?

12月は三大流星群のひとつ、ふたご座流星群がピークを迎えます。
2017年は月明かりをそこまで気にしなくてもいいので、観測にはまあまあ、な条件で観ることができます。

ただ、12月も半ばなのでかなり寒い時期です。
流星群やその他の天体ショーを観る時は、寒さ対策は万全にして夜空を観るようにしてくださいね。


▲2014年の時の動画。流星痕もみられる明るい流れ星(火球)も映ってますv
今年は観れるかなあ。

スポンサードリンク

ふたご座流星群2017年のピーク時間帯はいつ?

ふたご座流星群2017年のピークは、12月14日の15時と日本では残念ながら明るい時間帯になります。

ですが、ピーク時前後1日は流れ星が観れる可能性はかなり高いのでお天気に恵まれたら、是非観測してみたいものです。

お薦めの観測時間は

第一候補 12月13日 日没後~14日 日の出まで(日本時)
第二候補 12月14日 日没後~15日 日の出まで(日本時)

になります。

★わたしは15日の夜にちょこっと夜空をみました。幸い、外に出てすぐに1つ流れ星が見れました♪

TVのニュースでも観測会の様子が流れていて、都心の方でも10分に1つくらいの割合で流星が見れたと言ってました。

ふたご座流星群の母天体は?

ふたご座流星群の母天体は、 (3200)Phaethon という小惑星です。フェアトンは元々彗星だったのが、ガスやチリといった揮発成分を出しつくしてしまった天体なのだそうです。

フェアトンの軌道が2223年に再接近するそうなので、今後もふたご座流星群は今のようなZHRが高い状態で観れる…かも知れないとのことです。その一方で、21世紀後半には19世紀後半並みまで流星活動が衰えるという説もあるそうで、今後の活動がどうなるのか注目の流星群ということです。

再接近時には、もっと高いZHRの数値が出るのかな(ずっと先のことですが(笑))

その他の流星群は何がある?

12月にピークを迎える流星群は下記のようなものがあります。

オリオン座χ(カイ)流星群 12月2日 3
ほうおう座流星群  12月6日 不定
いっかくじゅう座流星群  12月9日   3
うみへび座σ流星群  12月12日  2
とも座・ほ座流星群  12月12日  4
かみのけ座流星群  12月20日  5
こぐま座流星群      12月22日  10
(日付は極大日 そのあとの数字はZHR)

殆どがZHRひと桁のものばかりで、こぐま座流星群がZHR10。運が良ければ2~3つくらいの流れ星が観れるかなあ程度なんだと思います。

ほうおう座流星群のこと

ほうおう座流星群は、1956年12月5日に南極の昭和基地を目指して南インド洋上を航行していた南極観測船「宗谷」が、ほうおう座付近を放射点とした流星群を観測したことで発見された流星群。

1時間あたり300個もの流星が観れたそうなのですが、この年一度しか見られていないので〝幻の流星群〟と言われていた流星群です。

最近では2014年にほうおう座流星群のものとみられる流星が観測されたそう。もしかしたら、2017年も運が(相当に)良ければ観れる…かもです。

母天体は小惑星「2003 WY25」(ブランペイン彗星)です。ふたご座流星群の母天体と同じく元々彗星だったのが、揮発成分を出し切ってしまい小惑星になったものです。「彗星・小惑星遷移天体」というらしいです。


スポンサードリンク

その他の天体ショー

12月も流星群以外では、目立つ天体ショーはないもよう。

3日 水星が留
4日 満月(今年最大の満月)
13日 水星が内合
22日 土星が合
23日 水星が留

派手さはありませんが、水星が『留』や『内合』という動きをみせます。
4日の満月は、2017年で最大ということなので、見てみるのもいいですね。

まとめ

12月は3大流星群のラスト、ふたご座流星群がピークを迎えます。
ZHRも120なので、天候等条件が良ければそれなりの数の流星が観測できる可能性が高いです。

他にも、幻の流星群のほうおう座流星群など幾つかの流星群がありますのでお天気が良ければ夜空を眺めてみてくださいね。

その場合、防寒対策はばっちり整えるようにしてください。

スポンサードリンク