ウユニ塩湖の絶景を見れるシーズンは?

ウユニ塩湖。
鏡張りのようにみえる絶景がTVでも紹介されて、超有名スポットになってますね。

画像でみるだけでも、凄いきれいで癒されるのですけど、
やっぱりこの光景は、実際に行って自分で観てみたいものです。

こんな写真のような絶景をみれるのは、12月から3月にかけての雨季。
しかも風がない、お天気の日など、色々な条件が整っていることが必要です。

4月から11月の乾季だと湖水が干上がって、
一面白い大地になってしまいます。それはそれできれいだと思いますが、
折角行くのだったら、雨季がいいですよね。

わたしは、今のように有名になる前に偶然ネットで
空が映り込んでいるあの画像を観たのですが、
いっぺんで心を奪われてしまいましたよ。ホント、
行ってみたいって思いました。

そんなウユニ塩湖ですが、本当に行くとなるとかなりの
お金とそれなりな覚悟がいります。なので、
特に初めて行く時という時は、大手の旅行代理店のツアーも
あるのでそういうツアーを利用した方が無難です。

できれば添乗員さん付きのツアー。
言葉のこととか、そういうの考えると
日本とは全然違う国に行くのだし、添乗員さんがいれば
気分的にも楽になれると思います。

何もかもを自力でやるとなると……海外の個人旅行に
慣れている人ならともかく、きっと大変ですよね。

スポンサードリンク

どれくらい掛かるのか?

うちでとってる新聞の折り込みに入ってた広告の
某大手旅行代理店(←ちらしを捨てずにとってます(笑))の
ツアーの場合ですが、成田出発の8日間で約60万円から78万円。

これは出発日によっての差なのかなとわたしは思いました。
国内ツアーとかでも、GWとかはちょっと高くなりますもんね。
因みにお盆休みの頃に出発のツアーをみていたら、
成田発10日間で、80万円ちょっと。

成田までは各自負担です。添乗員はなし。
現地ガイドが案内しますってやつですね。

他に空港使用料とか海外の空港諸税というのも必要です。
そういうのやおこずかいとか考えると、最低でも
旅費+20万円くらいは準備しておいた方が
何かあった時安心かなあ。

食事は朝、昼、夜がそれぞれ4回づつ付いてますが、
それ以外で何か食べたい時は自己負担です。

旅行内容

参考までに、このツアーの日程を書いておきます。

1日目は成田→ダラス・マイアミを経由して
ボリビアのラパスまで。機内泊です。

2日目にラパス観光とホテル泊。

3日目にラパスからウユニへ飛行機で移動。これ、
陸路での移動になると、10時間くらい掛かるんだそうです。
飛行機だと1時間程度。凄い違いです。時間的なことや体調面からも
空路行く方が無難ですね。

3日目の午後にウユニ塩湖へ移動。途中に観光もあり。

3日目から4日目にかけてはウユニ塩湖観光のみです。
朝、昼、夜とそれぞれの時間帯に湖へ行きます。その時のお天気の
状況では、あの『天空の鏡』は見れないので、何回か行くようにしてるようです。

スポンサードリンク

折角大金はたいて行くのだから、あの絶景を見たいですよね。

ウユニでは、塩でできたホテルに連泊です。
で、5日目にウユニからラパスに戻り、6日目はマイアミまで。
7日目に北米を経由して、8日目に成田着。

と、こういう日程が組まれていました。
結構ハードです。

ウユニに行くための覚悟

片道30時間くらいかかる行程。慣れない外国での航空便の乗り継ぎや、
言葉の問題、食事、治安等、日本とはかなり違う環境に行くので、
覚悟も必要なんだそうです。

結構な金額が必要なことは分かるのですが、
他にどんな事に気を付けたらいいのかというと、高山病があるそうです。
え?って感じもしますが、ウユニ塩湖がある所はボリビアの高山地帯で、
標高が4.000mくらいあるのです。

富士山の頂上よりも標高が高いんです。
なので、国内旅行や海外でもメジャーな観光地に旅行をするつもりで行くと、
大変な目に遭う可能性もあるということ。

頭痛、吐き気、目まい、食欲不振、脈拍が速くなる等の、
いわゆる高山病の症状がでることもあるそうです。

こんな事になったら観光どころではないですね。なので、
高地へ行く準備もぬかりなくしておく必要があると思います。

調べてみると、ツアーによっては
ゆっくり時間をかけてウユニまで行くものもありました。
高山病にならないよう、徐々に高い所へ向かうにしてあるとのことでした。

ネット環境も今イチらしいです。
ネットがない所なんて考えられない~って人には、それだけでも
過酷な環境かも、です(苦笑)

でも。
それでも、あの光景には憧れます。
機会があったら是非行ってみたい所のひとつです。

ま。今の自分の経済状況では無理ですけど(苦笑)
もし行くときには、事前にしっかり準備をして、
日本とは全然違う環境の場所へ行くんだぞという
心構えを持って行きたいと思ってます。


↑やっぱり、この景色を見てみたいしね。

でもでも。
ウユニ塩湖まで行く体力も財力も気力もない~という方には、
なんちゃってウユニ塩湖を観に行くのもいいかも知れませんね。
実は、国内や台湾にもウユニ塩湖のような光景を楽しめる
スポットがあるんです。

台湾の高見湿地石垣島の白保海岸とか。
お手軽なところでは、千葉・木更津の江川海岸
ここは、あのジブリの名作アニメ『千と千尋の神隠し』のような
光景を見ることができるんです。


ある意味2度美味しいスポットかも、ですね♪

そういった、隠れた名所を探すのもいいかも知れません♪
だけど、やっぱりウユニ塩湖は憧れの地ですv

スポンサードリンク