伝法院の桜も見事です。今年の一般公開はいつ?

前に桜の開花のことを書きましたが、
東京にも隠れた桜の名所があるのですね。

これまた偶然
観ていたTVの番組でちょうど紹介していて、
そういう名所があったんだ、と思いました。

浅草寺はお花見スポットとしては、
改めて紹介する必要はないのですが、浅草寺の中に
伝法院庭園というところがあって、
そこが隠れた花見の名所とのこと。

スポンサードリンク

普段は入れないそうですが、毎年春の時期には一般公開されていて、
2018年の今年は3月16日から5月7日まで一般公開されます。

期間は5月7日までなので、まだ行ったことがなかった、
そんな桜の名所があったなんて知らなかったという方、

今年は是非伝法院に桜を見に行ってみてください。

桜だけでなく、お庭そのものや宝物も見ごたえのあるものばかりで、
有料ですがみる価値があるものばかりだそうです。

拝観料は300円と高い金額ではないし、しかも中学生以下の同伴者は

2名まで無料とのこと(太っ腹ですねえ(笑))。

 

東日本大震災の義援金になるとのことなので、
きれいな庭園をみれてしかも復興のお役に立てるなんて、
いいことづくめですよね。


スポンサードリンク

で、桜の方は、大島桜はもう終わりかな。
こちらは3月の中旬くらいから咲くそうなので、
このあとは垂れ桜を楽しめるようです。

伝法院の桜は、大体3月末頃に見ごろになるようです。
伝法院の垂れ桜とスカイツリーのツーショットという、
普段は撮れない写真を撮るチャンスでもあります。

お花見、どこに行こうかまだ決めてない、
というのでしたら有名な所を敢えて外して、
伝法院庭園の桜を眺めるのも、お勧めコースです。

わたしもね、この時期東京に行く機会があれば、
伝法院は是非訪れたいと思いました。

スポンサードリンク