仁の再放送、北海道は土曜日に放送されてたので…

雑談

▲カメラ兄さんさんによる写真ACからの写真

仁の再放送、時間的に全部は見れてないのですがちょこちょことは観てましたが…

やっぱり、今見てもすんごく面白いドラマですよねえ。
こっちでは、6月27日が最終回でした。

スポンサードリンク

仁の再放送、北海道では…

JIN-仁- の再放送、北海道では土曜日の午後2時から5時までで放送されてました。
時間的に晩ご飯の支度もあるので、全部は見れなかったのですが、食事の支度の合間にちょこちょこ観てました♪

本放送時もどハマりしていましたが、今観てもやっぱりハマってしまいました。
マジ、神ドラマだわ…と、本気で思ってます。

仁、あらすじ

今更ですが、ちょっとあらすじ。
現代の外科医が、150年前の日本にタイムスリップして云々…というお話しです。

1期の第1話を見るまでは、タイムスリップ物で当時のキャッチコピーだった「ヒューマンドラマ」になるのかなあって、疑ってました。どちらかというとコメディっぽいのかも…とも思ってました。

原作のまんがは未読だったので、尚のことそう思い込んでたんですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【限定激安クーポン】JIN −仁− 文庫版 (1-13巻 全巻) -漫画セット-…
価格:16990円(税込、送料無料) (2020/6/30時点)

で、第1話を見て……
ごめんなさい、私が間違ってましたm(__)m と、なりました。
何これ、こんな凄い話のドラマなの!!泣けるし。

当時そう思ったわけですが、今観てもやっぱり神ドラマです、仁は。で、1期だけでなく、完結編まで一気に放送してくれたので、嬉しかったですね。

1期のラストは、がんの手術が終わって元気になった野風(中谷美紀)が去っていくところで終わっています。なので、1期だけの再放送だったら、きっと「え?こんなところで終わるの?!」と、もやもやが残ったままになってたでしょう。

完結編まで放送してくれて、ほんと良かったです。

ホスミシンだったっっけ?薬の小瓶がこんなところで!

1話の初めの方で出ていた、何かの薬の小瓶。
現代に戻ってきた仁と、元々その世界にいた仁がすったもんだしていた時に落としてたか何かしてたやつ。

あれが完結編のラストであんな風に回収される伏線になっていたのには、そのシーンを見た時に「やられた~」って思いました。そこで、あれを出してくる?! って感じで。

つか。
ラストの重要なファクターになってるなんて、最後まで分からなかったです。
この展開はホントお見事でした。

スポンサードリンク

仁の完結編、ラストは…

仁のラスト、150年前の、咲から仁に宛てた手紙。
思わず涙、でした~。あのシーンは本当に良かったです。つか、反則でしょー!

原作では、ホスミシンを持ってタイムスリップしてきた方の仁が150年前に戻る…という展開なんだそうですが(未読なので…)で、咲と一緒になってその世界で生きていく…という終わり方なんですね。

でも、ドラマではその世界の仁が(恐らく)150年前に飛ばされる……

これが中々ややこしい世界なんですが。
仁が戻ってきた現代は、元々仁がいた現代ではなく、150年前に自分が歴史を変えた世界の150年後。

ということは、飛ばされた方の仁が行った過去は、また違った世界の過去だった?
ということになる?

という、何だかややこしい図式が浮かび上がってきます。
この辺、ドラマではパラレルワールド云々ということで、オチを着けた感じですが突き詰めだすとキリないかも、です。

まあ。
こういうSF的は設定は、よく分からない~ってなってもドラマを楽しむのには全然支障ないので、大丈夫です。

まとめ

ということで、今更なJIN-仁-の感想でした。
まだ未見という方、是非1度ご覧ください。感動できますから♪

わたしは、原作のまんがはまだ読んだことがないので、1度ゆっくりと読んでみたいなあと思っています。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました