剣道世界選手権2018。男子個人戦の結果優勝は?

ニュースでも連日報道されてますが
北海道も色々ありまして、今日から剣道世界選手権が始まってたのを
すっかり失念してました(–;)

9月14日は開会式と男子個人戦。
気になる結果ですが、公式サイトにはチェックした時点(21時)では
まだ更新されていないようで……

検索してましたら、決勝戦の動画がアップされていましたので
それからチェック。

スポンサードリンク

安藤翔選手、優勝?!

早速動画をチェック。そしたら……

え?!
安藤翔さん、2本勝ち?? 優勝!!!
マジー!!!!!

と、思わずPCの前でガッツポーズしたあたし♪

17WKCは韓国での開催ということもあるし
日本選手は特にアウェイ感半端ない感じなんだろうなあと、ちょっと思ってました。

それでも、剣道で日本が負ける訳にはいかないという重圧も大変なものだと
推察します。

そんな中での安藤翔選手の優勝は、すげー!のひと言です。

スポンサードリンク

決勝戦の対戦相手は誰?

安藤翔選手が決勝で対戦したのは、韓国の徐選手。

まあ、恐らく韓国の選手が勝ち上がっていくんだろうなと予想してましたが
やっぱりねえ、って思いました。

動画をみてると、安藤選手結構押されてたし何回も転倒してたので
1本先取したとはいえ、油断はできないなあ…などど思いつつ視聴してました。

途中、反則も1回取られたし……
ヘタすると逆転される可能性も……
などと、どきどきしつつ観てたら

安藤選手、2本目入ったーーー!!!

やったー! 個人優勝ーー!!!!

来年の北海道剣道祭でも、これは表彰されるわねv
観に行かなくちゃvv と、つい思ってしまったあたしでした(笑)

準決勝は誰と対戦してた?

安藤選手、徐選手ともに準決勝は同じ国の選手との対戦だったそうで。

安藤選手は竹ノ内選手と、徐選手はB.Park選手と(すみません、字が分からなかったので
アルファベットで書いてます)対戦したんですね。

どっちかが絶対決勝戦に進めるのはいいんだけど、
これはこれで複雑な気持ちですよね。

★男子個人戦の結果★

優勝 安藤翔選手(日本)
二位 徐選手(韓国)
三位 竹ノ内佑也選手(日本)
三位  B.PARK 選手(韓国)

日本と韓国で埋まってます。

まとめ

17回剣道世界選手権、男子個人戦は嬉しいことに
安藤翔選手の優勝という結果になりました。

単に安藤選手が優勝したのが嬉しいだけでなく、北海道の選手が…、という
面でも嬉しい結果です。

これからある女子個人戦と男女団体戦も期待しちゃいますねえv

(小声で)同じ優勝でも、あの女子テニスの選手ほどには注目されないだろうなと
思うと、何だかな(苦笑)。あちらも北海道ゆかりの方ではありますけどね。

スポンサードリンク