七夕の時に天の川も見える?時間は何時頃?場所はどこがいい?

七夕の日に彼女とデート♪ 彼女も星を見ることは嫌いではないとかで、だったら七夕の星や天の川を見に行く計画をしてみたいな~。

なんてお考え中の方に。
天の川ってどこだったら見れるか、きちんとリサーチをしておかないと、折角出掛けたのに見れなくて残念……なんてことにもなりかねません。

そこで、天の川が見える時期、場所や時間帯のことをチェックしてみました。

スポンサードリンク

七夕の時に天の川は見える?

七夕の時に、そもそも天の川が見えるのか……ですが、見えないことはないです。というか、天の川自体は1年中見えてはいるんですね。

実際は街明かりで、都市部ではほとんど観ることは無理ではありますが。満月の月明かりでも観れなくなるくらいなので。

ただ、1年中観れる…とはいっても見やすい時期や時間はあります。

そして。
7月7日の七夕の日辺りというのは、日本では梅雨の時期。お天気が良くない日も多いので、天の川を観るには実は不向きな時期だったりします。

ということで、七夕の時に天の川も観れるのかというと、微妙~ということになるかと思います。

天の川を見やすい時期

じゃあ、いつだったら天の川は見やすいのかといいますと、日本でしたら、夏~秋にかけて…でしょうか。7月7日は梅雨時期ということもあり曇る確率も高いので、実は天の川を見に行くことはおススメではありません。

月遅れの七夕をする所もありますし、8月7日くらいでしたら梅雨も明けていますので晴れている等、条件が揃った所でしたら、天の川を観ることができます。

因みに、昔は旧暦でしたよね。当然七夕も旧暦の7月7日。2018年では8月17日とお盆過ぎなんですね。旧暦の7月7日は8月に入って、ということが殆どなので、昔だったら天の川も見やすい時期だったんですね。

七夕の時、天の川が見える時間は?

天の川を観る時は、時間帯もチェックしておいた方がいいでしょう。といっても、夜○時~○時までというような正確な時間をみておくことはありません。

大体、夜の8時くらいから観測可になるようです。勿論夜遅くの方がより見やすいかなとは思います。

満月の頃も避けること

都市部の光害は勿論なのですが、満月の頃の月の光でも天の川は見えなくなります。ですので、折角天の川を見に行かれるのでしたら新月の時期に行くようにしましょう。

2018年8月の新月は、8月11日。この辺りでしたら月明かりも邪魔にならずに天の川を観ることができると思います。

2018年の天の川観察おススメの日は、この日♪

2018年の8月の新月は11日ということで、この辺りの日にちでしたらいつでもおススメなのですが、わたしが特にお薦めしたいのは、8月12日~14日くらい。

何故かといいますと、実は、3大流星群のひとつペルセウス座流星群のピークが、今年は8月13日なのです。極大の時間は残念ながら昼間になっているのですが、13日を挟んだ前後は、流れ星がかなりの確率で観れそうなんですね。

ですので、2018年の夏に天の川を見に行く予定を建てるのでしたら是非8月12~14日辺りで計画してください。お天気にもよりますけど、晴れたらきっときれいな天の川と流れ星を観ることができることと思いますよ♪


▲こんな星空が見れたら最高ですよね♪


スポンサードリンク

天の川が見える場所は?

天の川が見える場所ですが、何といっても光に邪魔をされない、視界がひらけている所になります。

お住まいの所でそういう場所を探すか、ちょっと遠出をしてみるかは天の川を見に行く方と、チョイスされると良いと思います。

天の川観察をする時の注意点

天の川が見える場所は、必然的に人家の少ない場所になってしまいます。そういう所に行く場合、やはり安全面には注意をしておく必要もあります。

トラブルに巻き込まれない為にも、どういう場所で観るのがいいのかを事前にチェックしておくようにしましょう。

また、真夏とはいえ標高の高い所に行かれる場合にはちょっと羽織れるものがあると、もし肌寒かった時に便利です。

まとめ

七夕の時に天の川が見えるかどうか…ですが、見えないことはないけど時期的にあまり期待はできないのかな、というのが正直なところです。

ですので、月遅れの8月7日頃やそれ以降のお天気が良い日を選んで、見に行かれることをお薦めします。

2018年のおススメ日は8月12日~14日あたり。天の川やペルセウス座流星群の観測もできちゃう、2倍美味しいタイミングになります。

天の川を観に行かれる時は、安全面にも注意して出掛けられてくださいね。
素敵な星空が観れるといいですね☆

スポンサードリンク