剣道全日本選手権今年の出場選手で北海道の代表は?予選はいつ?

毎年楽しみにしてます、剣道の全日本選手権大会。
2018年も年度が変わる4月以降、各地で予選会が開催されます。

今回は、北海道の予選会のことなどを書いてみますので、ご興味がおありの方、良かったらお付き合いくださいまし。

2018年の予選会はこれからなので、各都道府県の代表が決まったら、随時更新していきますね。

スポンサードリンク

剣道全日本選手権はいつ開催される?

剣道の全日本選手権大会は、毎年11月3日の祝日の日に日本武道館で開催されています。各都道府県の予選会を勝ち抜いた、64名の選手で優勝を競います。

女子の大会は9月で、2018年は長野県での開催が決まっているようです。
女子の大会も予選を勝ち抜いた64名で優勝を競います。

全日本選手権、北海道予選はいつ?

他県をみてますと予選会は1回なんですが。2次予選までの2回の予選会があるんです。

5月の末に段別選手権大会という試合があるのですが、これが全日本の1次予選を兼ねています。この試合は各段ごとに3位まで決めますが、入賞者で全日本の出場権がある選手が、2次予選に進めるのかな、と思ってます(未確認ですみません)

段別選手権の予選会は高校生以上の初段~三段までの大会で、四段以上の方は直接全道大会に出場できます。

2次予選会は、7月の初めに開催されてます。
2017年は、段別で勝ち進んだ選手の男性14名、女性12名が2次予選に出場してます。その時の北海道代表は、男性は安藤翔選手、後木顕人選手。女性は吉田佳世選手が代表になってます。


▲安藤選手、この時は3位v


スポンサードリンク

2018年の北海道代表は誰?

2018年の予選会は、4月以降に道内各地で段別選手権の予選会が開催されて、5月に全道大会。それの勝者が更に7月の2次予選会に進んで、そこで代表が決まります。

最近の代表選手は、男性は安藤翔選手がずっと選ばれてますし、女性は吉田佳世選手が代表になってますので、2018年のこの2選手かなあ~、なんて予想してますけど、どうなるかな~。今から楽しみです♪ 男性は2名代表になるので、安藤選手ともうひと方、ってところかなあ。

まとめ

ということで、剣道の全日本選手権の北海道の予選の流れを、今回は書いてみました。

代表が決まるのは、7月あたまに開催される2次予選ですので、もう少し先ですが誰になるのか、今から楽しみにしています。個人的に安藤翔選手押しなので、今年も是非代表になって欲しいなと密かに思ってたりしますv

特に、2018年は世界選手権も開催されます。こちらの代表も誰がなるのか、楽しみなところです。

スポンサードリンク