函館に春休みに旅行する時の注意点は?花粉や寒さ対策も必要?

春休みを利用して、家族で旅行を計画している……

函館まで新幹線も通っているし、空港もあるのでアクセスも悪くないということで、3月末から4月あたまにかけて、北海道…殊に函館に旅行しようかなと予定を建てているご家庭もあるかと思います。

質問サイト等みましても、その時期の服装やおススメの観光地などの質問はありますが、実はもっと気を付けなければいけない事があるのですが、そのことに関する質問は、わたしがみた限りでは全然ありませんでした。

3月末頃に函館方面への旅行を予定されている道外の方は、とくにチェックしておく必要があるとわたしは思っているので是非読んでみてくださいね。

スポンサードリンク

函館に春休みに旅行する時の注意点は?

春休みの頃になると、本州ではかなり春らしい陽気になってくるものですが、函館を含めた北海道ではまだまだ寒い時期で、場合によっては雪が降ることもあります。

寒さ対策は勿論必要ですし、いわゆる季節の変わり目に入るので真冬のようなきれいな雪原はないし、スキーなどのウィンタースポーツをするにも微妙な時期です。

といった観光スポットや気候に関することは、yahoo知恵袋といった質問サイトでの答えにもよく出てきてますのでその辺のことは割と知られているのでは、と思います。

でも、それ以外に気を付けて欲しいことが実はあるのです

春休みの頃って、本州でも厄介な問題でもある、ある症状が函館を含む道南方面でも出始める頃なんです。

それは………
ズバリ花粉です。

函館は3月末で花粉に注意が必要って本当?

北海道で花粉症の時期といえば、4月中旬くらいから飛散が始まるシラカバの花粉による花粉症のことを、普通は指します。

でも、道南方面ではそれよりも約ひと月ほど早く花粉の飛散が始まるのだそうです。しかも、本州で飛散しまくる〝杉花粉〟なんです。

北海道には杉花粉はない、と思われてますが実はあるんですね。
函館を含む道南方面には杉が植わっているんです。そのため、花粉が飛散する季節には、杉花粉による花粉症もあり得るんです。

本州では2月くらいから飛散が始まりますが、北海道ではその時期はまだ真冬なので、当然花粉の飛散はありません。大体雪解けが始まるのが3月くらいで、花粉の飛散は3月中旬から下旬にかけて始まります。

ピークは3月末から4月あたまにかけて。その後も少量ですが飛散し、大体GW頃まで続きます。


▲函館の花粉飛散の状況
引用元 北海道立衛生研究所 http://www.iph.pref.hokkaido.jp/pollen/hakodate/hakodate.htm

この資料によりますと2017年は3月末から4月上旬にかけて杉花粉の飛散が多くなってました。あと、5月中旬にかけてシラカバ花粉の飛散もみられます。

花粉を避けて函館に旅行にきたのに、ここでも花粉が……という残念な旅行になりかねないので、本州にお住まいの方で杉花粉による花粉症を発症されている方はこの時期に道南方面に旅行されるのでしたら、注意が必要です。


▲因みにこちらは札幌の花粉の飛散状況です。同じ北海道内でも函館と札幌ではこんなに違いがあります。
引用元 北海道立衛生研究所 http://www.iph.pref.hokkaido.jp/pollen/sapporo/sapporo.htm


スポンサードリンク

3月末の北海道って……

そもそも、3月末…春休みの頃の北海道って見どころはあまりないんですよね。
観光のオフシーズン。なので、ツアー料金も安めに設定されてるものも多いのかなと思います。

まだまだ雪は降る時期ですが真冬の様な雪原ではなくなってくるし、かといって花もまだ咲かないので北海道らしいきれいな景色なんて全然……です。屋内の観光施設でしたら周れるところはありますけど。あと、函館でしたら夜景とか。

函館にしても完全に雪が融け切ってはいないので、場所によっては凍結路もあるので普段冬道の運転をされない方にはレンタカーで観光地を周るというのも、まだおススメできない時期ですし。

桜の開花が、函館で4月末くらいかな。
ですので、観光で北海道に来られるのでしたらGW以降を個人的にはおススメします。シラカバ花粉の飛散はありますが、数日旅行で滞在する程度でしたらそんなに心配はしなくても大丈夫ですし、函館では花粉の飛散自体かなり減少してますしね。

まとめ

気にされる方があまりいらっしゃらないようですが、3月末からGW頃にかけて函館を含む道南方面では、杉花粉が飛散します。

量的には本州の平均の半分ほどだそうですが、杉花粉の花粉症の方はこの時期に函館へ行かれる時は、念の為に花粉症対策もしておかれることをお薦めします。

折角旅行に来られても花粉症の症状が出てしまって、観光どころじゃなくなってしまった…ということにならないためにも、花粉症に注意をして来道してくださいね。

スポンサードリンク