大曲新作花火コレクションはいつ?混雑状況や寒さ対策は?

大曲の花火大会といえば、毎年8月の終わりに開催される大会が思い浮かびますよね。

また、春の章や秋の章といった大会もありますが、実は冬にも開催されていたんです。

大曲の花火大会、冬場の大会ってどんなものなのかを探ってみました♪

スポンサードリンク

大曲新作花火コレクションってどんな花火大会?2018年はいつ?

8月末の大会はメディアでも報じられているので、結構有名になっていますが冬の大会も開催されていたのいうのは、実はわたしも最近になって知りました。今回で27回目なので、結構前から行われてはいたんですよねえ。

夏の大会がメディアで紹介されて、そちらが有名になったってところでしょうか。

冬の花火大会は、新作花火コレクションという名称の大会なのですが、全国からの選抜された若手の花火作家さんによる新作花火の発表会という感じの花火大会なのです。打ち上げ数も約1.000発と規模的にはこじんまりとした花火大会になります。

毎年3月の終わり頃に開催されているのですが、2018年は3月24日(土)の開催が決定しています。また、開始時間は午後6時20分からになっています。

クラブツーリズム バスツアー
▲こちらからもバスツアーの申し込みができます。検索窓に「大曲 新作花火コレクション」と入力して検索していただくと該当バスツアーがでてきますので、良かったらご利用ください。

競技会なので、打ち上げ後に表彰式もあります。
一般の観客は直接審査はしませんが、観客の歓声なども評価の対象になってるそうなのでおお!と思えた花火には是非拍手や歓声などのエールを贈ってあげてくださいねv

大曲新作花火コレクション2018は混雑する?

夏の花火大会に比べたら、まだまだ寒い時期ですし人出はそこまでは多くはないようです。

それでも、車で会場入りをしたいのでしたら早めに駐車場に入れれるような予定で出掛けられる方がいいです。

会場に近い方の駐車場から満車になっていくとのことですので、なるべく近い所の駐車場に車を停めたいということでしたら、お昼過ぎには行っていた方がいいみたいです。

夏ほどの混雑ではないにしろ、夕方くらいからは交通規制も敷かれるようなので早めの行動がいいです。

会場までのアクセス

大曲花火 冬の章 の会場は 大曲ファミリースキー場です。スキー場としての営業は2018年は3月4日で終了だそうで、スキーも楽しんで…というプランは残念ですがNGです。花火大会の準備もあるでしょうから、もしスキー場が営業中だとしても大会当日はスキーは休業してたこととは思いますが。

車でお越しの場合、JR大曲駅からは15分程、大曲ICからでしたら5分くらいのところにあります。

会場付近の駐車場情報等、まだ詳細が出ていませんでしたので分かり次第お知らせしたいと思ってます。

宿泊先は?

会場近くに幾つかビジネスホテルはあります。3月24日から1泊、大人2名で何軒か検索してみましたら(1/16 22時現在で)まだ予約は可でしたが残り僅かという感じでした。ですので、会場近くで泊まりたいというのでしたら、予約は急いだ方がいいです。

2つ紹介しましたけど、他にも何軒があります。
また、少し足を延ばせば温泉もありますので、レンタカー等車での移動が出来るのでしたら温泉に泊まるというプランも建てれますね。

秋田のスポットをチェック!【楽天たびノート】

有料席はある?

公式ページにはまだ指定席等の情報の記載がありませんでしたが、団体ツアー向けには観覧用の席(シート)が用意されるようですが、一般用にあるのかはまだ分かりませんでした。

スポンサードリンク

大曲新作花火コレクション2018を観る時の寒さ対策は?

スキー場としては営業終了していても、大仙市の3月の平均気温はまだまだ寒い時です。

平均で最低で0度前後、最高でも10度前後しかありません。花火を観る時間にはかなり冷え込むことも予想されますので、防寒対策はばっちししていった方が寒い思いをしないで済みます。

個人的な感じとしましては、2月の札幌雪まつりを観に行くような格好だと大丈夫かなと思いました。

北海道と一緒の服装では大袈裟かなあとも思いましたが、実際寒さに負けて花火大会を最後まで観れずに帰ってしまわれる方もいるそうなので、ちょっと着込み過ぎかな、というくらいでもいいかも知れません。

札幌雪まつりでの服装や靴は何ががいい?してはいけない格好や注意点は?

まとめ

大曲の花火大会は、夏だけでなく冬にも開催されています。
冬の大会は若手の花火師さんによる、新作花火の競技会にもなっていますので普段の花火大会とは違った趣の花火が楽しめるのでは、と思います。

寒さ対策は必要ですが、冬場の澄んだ空気の中では花火も一層きれいに見えるので、冬場の花火大会にも足を運んでみては如何でしょう。

スポンサードリンク