江の島花火大会の日程や最寄駅は?チケットや穴場スポットもチェック!


江の島花火大会、正式には『ふじさわ江の島花火大会』といいますが、湘南で人気のある花火大会です。

秋に開催ということで、真夏の花火大会とはまた違った雰囲気も味わえる花火大会です。

湘南ではこの花火大会でしか見られない特大2尺玉は、迫力が違います。そんな貴重な花火も観れるということで、人気もあるんですね。神奈川県内でも2位の人気を誇る花火大会です。

【お知らせ】
公式ページでもアナウンスされていますが、2017年の大会は中止になりました。
残念ですが、台風なので仕方ないですね。予備日の22日も開催されませんので、ご注意ください。

有料席を購入された方は、チケットの払い戻しを受けれますので、公式ページで確認しておいてください。お手持ちのチケットは、払い戻しの時に必要になりますので、保管しておいてくださいね。

スポンサードリンク

江の島花火大会、2017年の日程や最寄駅は?

江の島花火大会 、2017年は10月21日(土)に開催予定です。(今年は中止になりました)
打ち上げ数は約3.000発と、決して多くはないですが、先程もいいましたように特大2尺玉が観れるので、迫力のある花火を見ることが出来ます♪

雨天の場合は、翌日の22日(日)に延期されます。

会場最寄り駅は?

会場は片瀬海岸西浜で、最寄駅は

小田急江ノ島線の片瀬江ノ島駅
江ノ島電鉄の江ノ島駅
湘南モノレールの湘南江ノ島駅

あたりが、会場に近い最寄駅になります。花火大会の日は混雑が予想されますので早い時間に移動をする方が、行きやすいです。

江の島花火大会、チケットは?

江ノ島花火大会のチケットですが、パイプ椅子1席で2.500円です。境川河口左岸に2.500席用意されます。

ただ、この記事を書いている時点(8/4)では、まだチケットの購入方法の記載が出ていませんでした。

これまでの大会では、有料席の販売は9月1日からだったので、今年も9月から販売される可能性は高いと思います。

スポンサードリンク

チケットは、ローソンチケットや藤沢市観光協会などで発売されたので今年も今までと同じ所で購入ができるのでは、と思います。こちらの情報も確認次第、記載しますね。

江の島花火大会の穴場スポットはどこ?

江ノ島花火大会の穴場スポットとして検索して、良く出てくるのは

・片瀬漁港駐車場周辺
・新江ノ島水族館周辺
・片瀬海岸東浜
・湘南海岸公園
・腰越漁港周辺

辺りが、穴場スポットとして出てきます。
でも、打ち明け会場に近い場所は、穴場とはいえ早めに行ってシートなどで席を確保しておかないといけないようです(–;

多少遠くても混雑していない方がいい、というのでしたらちょっと離れた場所に行って、花火大会を見る方がゆっくりできますよね。

わたしがいいなと思った場所は、江の島展望灯台です。
事前に応募して、抽選に当たった方だけが入れるのですが、高い場所からみる花火って、いいんじゃないかなあ♪

2017年の予定はまだ出ていませんでしたが、もし募集が出たら混雑しない所で花火大会を見たい方は応募してみるといいかと思います。

もう一か所は湘南モールフィル屋上駐車場。花火大会の会場からは離れているのですがこちらの屋上の駐車場を、例年開放してくれるそう。こちらも、今年も開放してくれるのかは要確認ですが、ゆっくり観れるし車で行けるので楽ですね。

花火大会会場周辺の駐車場も利用できるのですが、かなり早い時間で満車になることも予想されますし、渋滞も起こることを考えると会場へは電車など公共の交通機関を利用した方がスムーズな移動ができるのでは、と思います。

ふじさわ江の島花火大会の詳細はこちらのホームページでも確認出来ます。
いつでもおいでよ!藤沢市・湘南江ノ島

まとめ

秋の花火大会として人気の高いふじさわ江の島花火大会。
口コミなどで人気が出て、年ごとに人出も多くなっていっているようです。

八万人前後の人出があるようなので、行動は早めにするようにしましょう。

また、秋の開催なので気温も低くなると思われます。
防寒対策もしておく方が、もし寒くなった時便利です。浴衣で行くのも時期的にオススメではありません。というか、浴衣を着る季節、終わってますよね。

寒くない服装で出掛けてください。

中々みれない特大2尺玉の花火、江ノ島花火大会で見てみたいものですね♪

スポンサードリンク