結婚式の二次会に招待されたけど服装は平服。どんな格好がいい?

この秋に知人が結婚することになり、招待客の都合で二次会からの参加になりました。

招待状には当日は平服でお越しくださいというメッセージ。平服だから披露宴のようなフォーマルな服装じゃなくても、もっとカジュアルなものでいいのかなあ、なんて勝手にイメージしてました。

でも。
心配になって調べてみたら、どうもそうじゃないようで……

秋のブライダルシーズンになり、そんな悩みを抱えることもあるかも知れません。

意外に知らない平服について調べてみましたので、もし『平服でお越しください』というお招きを受けた時の参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

結婚式の二次会での服装。平服ってどんな服装?

実は勘違いしている人が多いのが、平服というのだから普段着でもOKなんだなと思っていることなんです。

結構前のことなのですが、わたしも招待された知人の結婚式の二次会で「平服でいいよと言われたので…」と、どうみても普段着という格好で会場に着ていた男性がいまして……

流石にちょっとその方、浮いてました(苦笑)

会場も、立食パーティーでそこそこな所での開催でした。新郎新婦の親族の方は確かいらっしゃらなかったかな。親しい友人が主の二次会ではあったのですが、普段着は……と、その時思ったものでした。

これが、両家の親族も参加されるような二次会でしたらかなり顰蹙ものです。

ですので『平服でお越しください』と書かれていても、全くの普段着はNGなんだということは念頭に置いて当日の服を選んで下さい。

平服って、どんな服装のことなの?

平服(へいふく)とは、正式な礼装(男性ではタキシード、女性はドレスや着物)ではないものの、その場に相応しい服装のことをいいます。

決してTシャツにGパンといった、普段着のことではありませんので『平服でお越しください』という招待を受けても、勘違いなコーディネイトで行けば、恥をかいてしまうこともあるので注意が必要です。

よそ行きの、ちょっとお洒落な服装だったら大丈夫です。ホテルのレストランでお食事とか、そういう場所に行くのに恥ずかしくない格好ですね。

平服はカジュアルな服装という訳ではない

『平服でお越しください』といわれて、じゃあ、どんな服装で行けばいいのかですが。男性だったらスーツ、女性もスーツか、ワンピースをチョイスしておけば大丈夫です。

ただ、二次会の会場が居酒屋だったり新郎新婦もカジュアルな服装で参加するような場合は、平服でも多少カジュアル感があっても大丈夫なこともありますので、ケースバイケースで服装を選びましょう。

二次会の服装でNGなデザインや色は?

二次会の会場や、披露宴からそのまま出席される方がいるか、などどういう雰囲気での二次会か、で服装を決めるのですが、明らかに場違いな服装以外にも気を付けておきたいポイントがあります。

スポンサードリンク

白い服は着ない

白は、二次会に限らず結婚式の主役である花嫁さんが着る色ですね。ですので招待された側が白い服を着るのは控えた方がいいです。

黒のフォーマルは正装ですけど、結婚式のような華やかなお祝いの席にはちょっと合わないかな、という気もします。(レースがあしらってあったり、黒でも華やかさを感じるデザインでしたら大丈夫かな)

ですので、白や白っぽくみえる色以外で、明るめのカラーやデザインの服装をするといいのかな、と思います。

肌の露出が多いデザイン

肌の露出が多いデザインのものも、二次会には不向きです。もし、肩が大きく出ているようなデザインのワンピースなどでしたら、上からボレロやジャケットを羽織るとかされたら良いと思います。

あと、肌の露出は少なくても身体のラインが強調され過ぎるようなデザインのものも、避けた方が無難です。上品なデザインの服装の方が、好ましいですね。

▲画像はベージュなのですが、ネイビーもあります。こんな感じのワンピースだったら間違いないですね。

まとめ

勘違いしている方も多い「平服」。
決して普段着のことではないので、間違えないようにしておきたいものです。

よそいきな服装、という感じで服を選ぶとまず大丈夫です。

白いもの、肌の露出が多いものなどパーティー向きなドレスでもNGなものは
選ばないようにしてください。

スポンサードリンク