みずがめ座δ(デルタ)流星群も。2018年7月の天体ショーは?

夏の流星群シーズン突入の7月♪ 天体ショーも色々とあります。

何といっても7月後半のみずがめ座流星群

この頃は幾つかの流星群が重なっているので、どの流れ星がどの流星群のものか、判別は難しいかも知れません。

判別出来なくても、きれいなのに違いはないので困りはしませんけどねv

スポンサードリンク

2018年7月の流星群

先ずは流星群から。活動が6月からみられる流星群もあるのですが。極大が7月になっているものをチョイスしています。

・7月ペガスス座流星群

7月7日頃から7月13日頃にかけて観られる流星群。10日に極大。

・7月ほうおう座流星群

7月10日頃から7月16日頃にかけて。13日に極大。この流星群は南半球で観測可なので、この時期に南半球へ旅行される予定のある方は、夜空をみるのもいいですね。

・はくちょう座α流星群

7月11日頃から7月30日頃に観られます。極大は18日。調べてみたのですが、これ以上の情報を得られませんでした。

白鳥座流星群は、8月のk(カッパ)流星群の方が知られているようです。

ですので、こういう流星群があるよ、ということで知っておく程度でもいいのかな、と思います。

・やぎ座σ流星群

7月15日頃から8月11日頃。極大は7月20日。こちらも同じくこれ以上の情報が出てきませんでした。

・みなみのうお座流星群

7月15日頃から8月10日頃。極大は7月28日。放射点が低い位置にあるので、日本からの観測は難しい流星群です。南の方へ旅行される方は、観測のチャンスがありそうです。

・みずがめ座δ(デルタ)流星群南群

7月12日頃から8月19日頃にかけて。極大は7月28日。実はみずがめ座流星群は4つの流星群で構成されていて、1番の主力がこのδ流星群南群になります。2018年は残念ながら、月齢15の満月になるため、観測条件は今イチです(–;

・やぎ座α流星群 7月3日頃から8月15日頃。極大は7月31日。こちらもほぼ満月のため、観測は月明かりを避けて夜空を見上げてくださいね。

このように7月末は複数の流星群の極大が重なっています。

それぞれの流星群は小規模なものですが、幾つも重なっているので、どれかの流星群の流れ星を観ることができるので、観測するのにはまあまあな時期といえます。

夏休みの時期でもあるので翌日が休みだと方は、いつもより夜更かしして、子どもさんと一緒に観測してみるのもいいですね。


スポンサードリンク

2018年7月の天体ショー

流星群以外の天体ショーはどんなものがあるのかもチェック。地味ですが、流星群と一緒に観測してみるのもアリですね♪

・7日 地球が遠日点通過
太陽から最も遠い地点を通過することを『遠日点通過』といいますが、この日は地球がそれに当たります。

・2日 半夏生(太陽黄経100度)
半夏生は雑節の一つで、太陽が黄経100度にある日のことをいいます。夏至から11日目でこの頃から梅雨明けし始めます。地方によって、タコを食べる日としても知られてきていますね。

・11日 木星が『留』

・25日 水星が『留』

・27日 火星が『衝』

・31日 火星最接近
2018年7月31日は、火星が地球に最接近します。火星と地球の間は5.759万キロメートルにまで縮まるそうです……といっても全然距離感がぴんときませんが(笑)。でも、6.000万キロメートルよりも近くなるのは、2003年以来のことだそうです。

この時期は普段より火星が見やすいと思いますので、流星群観測の時、火星も見つけてくださいね。

【4月17日追記】
・7月13日に部分日食があるのですが、残念ですが日本からは観れないそう。この日の日食はオーストラリア南部や南極の方で観測できるんだそうです。この日にオーストラリア南部に居るかも、という方は部分日食を楽しめるかも、ですね。

・7月28日の満月ですが、2018年最小の満月だそうです。それと、この日は皆既月食も起きます。時間は明け方で、東北より西の地域では月食のまま沈む月を観察できるそう。北海道では食の起きる前に月が沈むので、皆既食は全然観れないそうです。

AM3時24分に欠け始め、4時半から6時14分まで『食』が続きます。

まとめ

7月下旬には子どもさんは夏休みに突入。親子で天体観測を楽しめる機会です。夏休みの自由研究のテーマとしてもお薦めですので、是非観測をされてみてください。

スポンサードリンク